よくあるご質問

Home > コラム(一覧) > コラム

年末調整について〜ついに用紙が3枚に!?〜

今回は年末調整についてのお話です。
平成30年分から、配偶者控除・配偶者特別控除が改定され、用紙が変更となりました。
今まで2枚に収まっていましたが… ついに… 用紙が… 3枚になります!!

3枚用紙の内訳ですが「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」「給与所得者の配偶者控除申告書」「給与所得者の保険料控除申告書」に分かれています。
昨年までは配偶者控除と保険料控除が同じ用紙でした、そこが大きな変更点です。

さて、用紙が増えた元凶要因である配偶者控除・配偶者特別控除の改定。
今までは、配偶者の年間合計所得が38万円以下(年収103万円)であれば、38万円の控除を受けることができました。いわゆる「103万円の壁」と言われていたものです。
改定後はどのように変わったのでしょうか?下記の表をご参照ください。

配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額


(国税庁より出典)


はい、とても細かく区分されました。
「103万円の壁」を無くし、政府が掲げる「一億総活躍」への意気込みを感じますね。
この細かい区分に対応するため、用紙が3枚になったのです。

3枚に増えた用紙・今までと異なる書式に戸惑うこともあるかもしれませんが、安心してください。
弊社スタッフがおります。

そして最後に。
平成32年分で基礎控除の改定が行われようとしています。
それに伴い… なんと… 用紙が… 4枚になります(予定)!!

年末調整、弊社スタッフとともに乗り越えましょう。



アイエクシード税理士法人
山下

< 一覧に戻る